【ホーム】 共働き夫婦の子どものぜんそくにすぐ効いた!生活術 ぜんそく生活術 ぜんそく医療  ぜんそく 【みんなのための掲示板】

  ホームみんなの生の声エールの交換喘息をコントロールして元気な毎日をお過ごしのYOUさんからエールの交換

「エールの交換」
喘息をコントロールして元気な毎日をお過ごしの YOUさん
2005年10月12日

元小児喘息で、今も喘息持ちというYOUさんからエールの言葉をいただきました。 引っ越しをきっかけに病院がかわって、真剣に治療に取り組みようになってから、喘息をコントロールできるようになり、毎日元気に楽しく過ごしていらっしゃるそうです。 ご本人にご承諾いただいていますので、公開いたします。


ひろしさん さくらさん しゅんちゃん
はじめまして、こんにちわ。 HPの更新いつも楽しみにしています。
私は27歳女性(独身・・・)奄美大島で酒造メーカーに勤める会社員です。

元小児喘息、現在も喘息持ちですが、フルタイド利用でかなり良くなりました。
子供のころから喘息で夜中に喘息発作が出て眠れず、「いつ治るのか?」と真剣に悩んでいた日を思い出すと我ながら せつなくなってしまいます。 むしろ、子供時代にタイムスリップできるとしたら、「絶対よくなるよ」といいたい位です笑

私も両親も、他の喘息の家族の方々同様、子供の頃から真剣に喘息治療に取り組みました。 水泳・マラソン・なわとび・腹式呼吸の練習・ハリ治療、お払い、蛙を食べたこともあります(!)
インタールを吸ったりテオドールをかかさず飲んだり、喘息日記を書いたり。
あ〜、こうやって文章におこしてみると、昔が本当になつかしいです。
子供の頃の私は頑張りやだったんだなぁ、と自分を自分でほめてあげたい・・・(どっかで聞いたフレーズですが笑)という感じです。

奄美を離れ東京で就職し、遊びまわったり仕事で頑張りすぎたり、東京の寒さに慣れなくて万年風邪っぴきのようになってしまい、ほとんど毎日苦しかったような。。。
救急車を呼んでもらったこともありました。

子供の頃より自由に喘息発作止めの吸入器を使えるようになったためか、真面目な治療はやめてしまいました。 もちろん通院はしますが、喘息発作止めをもらうためです。 喘息発作止めさえストックがあればいい。 だめなときは点滴にいこう。
まさしく一時しのぎの考えです。
夜間救急の先生や看護婦さんに何度も、「喘息は死ぬ病気ですよ」といわれました。
「あなたこのままだと死にますよ」と言われたこともあります。
あの頃は、「医者のくせに軽々しい!」と怒っていましたが、当の本人の私が、「いやこの喘息発作は死ぬでしょ」と思っていたものです。 笑えません。

真っ向から治療に向き合っていなかった私(発作時はもちろん呼吸することに一生懸命でしたが・・・)が、なぜかフルタイドを真面目に吸うようになりました。
きっかけは引越しをきっかけに病院がかわったことだと思います、多分。
真摯な先生で、喘息の知識をいろいろ教えていただきました。
フルタイドの数は確か3コ×朝・夜だったような。今は朝1コ夜1コです。
完璧に治ったとはいえないと思いますが、ほとんどよくなりました。
この3月にUターンし、故郷奄美で元気よく楽しく毎日過ごしています!(東京も楽しかったですが!)

将来を不安に思う子供たちに「だいじょうぶだよ」と言いたいです!
喘息持ちの子供を持つ友人達に言ってるのは「我慢はさせないでね」と言っています。

お忙しいであろう、ひろしさん・さくらさんがhappyfu-fu.comを運営されるのは、大変なことだろうとお察しします。 にもかかわらず、このボリューム・内容の濃さ・わかりやすさ。丁寧さ。ただただ頭が下がるばかりです。これからも頑張ってください!!
しゅんちゃんもとてもかわいいですね!
ずぅーーーと応援しています。

感想を述べるつもりが私の病歴になってしまい申し訳ありません。
またまとまりのない長文になってしまったことをお許しください。

これからも頑張ってください!!



はじめまして、こんにちは。

『将来を不安に思う子供たちに「だいじょうぶだよ」と言いたいです!』
というYOUさんのお言葉、YOUさんご自身の経験と自信が溢れ出ていて、しゅんちゃんも「だいじょうぶ!」って確信しました! どうもありがとうございます。
親であるわたしたちにとって、そして子供たちにとって、YOUさんのお言葉は、明るい未来を指し示してくれる力強いエールです。こんな素敵なYOUさんのお言葉を、私たちだけの胸に留めておくのはもったいないですし、HPを見てくださっているみなさんにご紹介させていただければ、きっとみなさんも励みになるのではないかと思っています。

そこで、YOUさんにお願いがあります。
いただいたメッセージを、ぜひHPを見てくださっているみなさんにも『エールの交換』としてご紹介させていただきたいのですが、いかがでしょうか?
ぜひご検討いただき、ご一報いただければ大変ありがたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。



YOUさんからのお返事

私の喘息暦を読んでいただいてありがとうございました。
お返事までいただいてしまい、恐縮しています。

「ぜんそくは良くなります!」と言える日が来るとはこれまでつゆほども思いませんでした。
実は喘息持ちなんですってことさえ、他の人へ打ち明けるのが難しかったのに!

今ではグラクソのまわしものと思われる位です笑
ただ、”「フルタイド吸ってみたら?」と私がすすめる行為”が”子供の頃に
周りの人たちがよく言っていた「水泳で治るらしいよ」「かんぷ摩擦がいいらしいよ」

的な曖昧なアドバイス”と勘違いされるのはイヤだなぁと思っていて、
ゴリ押しできないのが残念です。
私自身これまで色んなことに振り回されてきましたので。

喘息の思い出はつらいことの方が多いです。
発作自体の苦しい思い出(あのときはやばかったな〜等)も嫌ですが、
何日も具合が悪いとき家族にあたってしまったことや、 周りの人に迷惑をかけてしまったことを思い出すのが嫌です。
ぜんそくの子供って案外、「周りに迷惑かけてる感」があると思います。
私の場合、小学生のときはそうでもなかったのですが、中学生以後はよく
「あ〜、また発作で迷惑をかけてしまった。申し訳ない、ううう・・・」
と悩んでいました。(気にしすぎ!?)

そんな私もここ1年位でどんどんよくなりました。
プライベートでも潜りにいったり(奄美はまだ泳げます。 若干冷たいです)
釣りにいったりスポーツを楽しんだりと充実しています。
かつてないほどアウトドア派になりました。
仕事も頑張っています。体調を崩しての病欠はなくなりました。奇跡です!

喘息がよくなってうれしいことは動き回れることですね。
これまでは動き回るとすぐヒーヒーいってましたので。
毎日ウォーキングをしているのですが、メプチンはまったく必要ありません。
この時期になると必ず飲んでいたプレドニンも必要ありませんし、
ずーーっと飲んでいたテオドールさえ飲んでいません。

なんだか、自慢話のようになってしまいすみません・・・

今も喘息に苦しむこどもたち、きつい生活を送っている人達が少しでもよくなって
元気に走り回ったり、ぐっすり眠れる日がくることを願っています。
そんな日がぜったい来ると思います。

私も再び悪化することのないよう気をつけて生活していこうと決意を新たにしました。


子供達にいいたい言葉は何かな〜?と考えてみました。
「頑張れ!」っていいたいですが押し付けがましいかもしれませんので、
「大丈夫だよ」とは言いたいですね。

ご家族の方には
「長い付き合いになるかもしれませんが、お子さんと一緒に付き合っていってあげてください」と言いたいです。
私の両親は鍛錬を要求した親でしたが、私の喘息に真面目に一緒に付き合ってくれたこと感謝しています。

さくらさんもひろしさんも共働きとのこと、しゅんちゃんの具合が悪かった時期は大変だっただろうとお察しいたします。 私の両親も共働きでしたので、お二人には頭が下がる思いです。

何はともあれ、今元気に過ごせることがうれしいです。しゅんちゃんも元気になったようでうれしいです。

しゅんちゃんのご成長ますます楽しみですね!
ご家族でこれからも頑張ってください!!応援しています。


ページトップ

あなたからのエールの交換お待ちしています!
み な さ ん か ら の エ ー ル の 交 換 お 待 ち し て い ま す!
「エールの交換」はこちらのメールへ メール (ひろしとさくらとしゅんちゃん宛)


ホーム喘息生の声エールの交換
喘息をコントロールして元気な毎日をお過ごしのYOUさんからエールの交換


ハッピー夫婦ドットコム
共働き夫婦の子供のぜんそくにすぐ効いた!生活術
Copyright (C) since 2004 Happy Fu-Fu.com All rights reserved.
HPについて自己紹介 リンクについて注意事項・免責ご指導・ご指摘お問い合わせ